COLUMNコラム

2018年07月05日

産後の体調不良その3

NEWS コラム 産後の施術

産褥期が過ぎて、お母さんの体もだいたい元に戻ったけども…
また新たな不調が…

主な原因は、
・産後の骨盤の歪み
・身体的、精神的なストレス
が考えられます。

 

腰痛など


赤ちゃん抱っこ産後しばらくして、腰痛、恥骨痛、股関節痛、背中痛などを訴える方が多いです。
産後に骨盤がしっかりと元に戻っていない事が主な原因です。

出産の際に緩んだ骨盤は、1~2か月かけてゆっくりと元に戻っていくのですが、その際に、しっかりと養生をせずに動いてしまったりすると、骨盤は元に戻らないまま固まってしまいます。産後に体調や体型がガラッと変わった、という人が多いですが、それは、骨盤が歪んだままだからです。

骨盤が歪んでいれば、様々な不調が出て当然です。

産後はしっかり養生する事、出来るだけ早く骨盤を整えてあげることが大切です。

 

■抱っこではなく、おんぶをしましょう
最近のママは、赤ちゃんを抱っこしている人がほとんどですね。おんぶ紐ではなく、抱っこ紐という名称になっているくらいですからね。
しかし、抱っこは、赤ちゃんにもお母さんにも良くない姿勢なのです。

抱っこすると、お母さんは反り腰になり腰に負担がかかります。
そして、赤ちゃんはもともと前に丸まった姿勢が自然なので、抱っこで反りかえった姿勢はキツイのです。

逆に、おんぶは、お母さんの腰の負担も減りますし、赤ちゃんはお母さんの背中に張り付くように自然な姿勢をとることができます。

外出する時は、赤ちゃんの顔が見える抱っこの方が安心なので、やむを得ないと思いますが、できるだけ短時間にして、できるだけベビーカーを利用するなど工夫しましょう。

家にいる時に、抱っこしていないと泣き止まない場合など、おんぶしてあげると意外と安心して寝てしまう事も多いですよ。

■片手だっこ
少し大きくなってきて、抱っこ紐を使わずに抱っこできるようになると、片手で抱っこする事が増えてきますね。
右手が利き手の人は、左側に赤ちゃんを抱っこして、右手で家事をしたり。

この時、赤ちゃんを骨盤に乗っけるようにすると楽なので、ついつい腰を横に突き出すような姿勢をとってしまうのですが…
これは、骨盤の歪みの原因となります。
そもそも産後の骨盤は不安定ですから、この時期に骨盤を歪ませるような動きはできるだけ避けましょう。

 



ラジオ体操のススメ
同じ姿勢を続けていて体が凝ってしまったり、上記のように、体をわざと歪ませるような姿勢をとってしまったとき、全身をしっかり動かして、凝りや歪みをリセットしましょう。
おススメなのが、ラジオ体操です。
適当にやっても意味がないので、しっかりと行ってくださいね。





 

抜け毛


妊娠中に増えた女性ホルモンが、出産後に一気に減少するため、抜け毛が増えます。
産後、2~3ヶ月頃に始まる事が多いです。
このまま禿げてしまうのでは?と心配になるほど多い場合もあるようですが…
産後のホルモンのバランスによる抜け毛ならば、半年~1年後には元に戻ります。

また、長く続く抜け毛には、
・産後のストレス
・過度なダイエット
・寝不足
などが影響している場合もありますので、生活を見直してみましょう。


 

産後ダイエット


妊娠中に増えてしまった体重を元に戻そうと、産後にダイエットをする人がいますが、これは全くおススメしません!
お母さんの体も栄養をたっぷり摂らないと回復しませし、授乳中は普段より多くの栄養を必要とするのでとてもお腹がすくはずです。
体型が気になるのならば、栄養のバランスを考えた食事をしっかりと摂って、運動を増やしましょう。

過度なダイエットをした結果は、母乳が出なくなる、抜け毛が増える、体力がなくなる、など、良いことは一つもありませんよ。

 

産後うつ


産後に、暗い気分が続いて、何に対しても興味がわかない、喜びを感じられない、などの症状が2週間以上続くと、「産後うつ」と診断されます。
倦怠感、食欲不振、不眠などが主な症状ですが、ひどくなると赤ちゃんのお世話もできなくなってしまいます。
深刻な状況になる前に、精神科医や心療内科医、地域の保健所・保健センターなどに相談しましょう。

 

 

産後の施術


当院の施術は、主に筋肉を刺激して体を整えていくので、産後のデリケートな身体に最適です。
産後すぐから施術できますので、ご家族の都合がついたらできるだけ早くいらしてください。
お母さんの体調が少しでも良くなれば、気持ちが楽になりますよ。
治療院

CONTACT

お問い合わせ

橋本本院

042-771-8118

品川分院

03-6277-4378

藤沢分院

0466-24-7220