COLUMNコラム

2018年06月07日

妊娠初期の体調不良

NEWS コラム 妊婦さんの施術

妊娠中は、様々な体調不良が起こります。
ホルモンの関係や、赤ちゃんが大きくなることによる体型の変化が主な原因です。
妊娠中は、赤ちゃんへの影響を考え、薬を服用できない事が多く、体調不良をどうやって乗り越えるかが課題ですね。

妊娠中に起こりやすい症状と、考えられる対処法をご紹介しますので、ご参考にしてください。
※まれに、妊娠とは関係のない病気の場合もありますから、体調不良を感じたら、必ず主治医に相談してください。

まず最初は、妊娠初期に起こりやすい症状です。


ツワリ


妊娠初期は、ツワリ(悪阻)を起こす人が多いです。
ツワリの原因は、はっきりと解明されていないのですが、ホルモンの関係だと考えられています。
妊娠初期は、胎盤を作るためのホルモンが大量に分泌されるためツワリが起こり、妊娠16週目以降は、胎盤が完成しホルモンが分泌されなくなるのでツワリは軽減します。

ツワリの主な症状は、吐き気・嘔吐ですが、頭痛や倦怠感、眠気を訴える人も多いです。
また、匂いに敏感になり、今までは気にならなかった匂いが異常に気になり気分が悪くなったり、味覚がガラッと変わる場合もあります。

胎児の成長に一番大切な時期と同時期に起こることから、胎児を守るために有害なものを排除する母体の反応とも言われています。
そのため、極端にひどくなければ、自然に治まるのを待つのが良いでしょう。
食べ物飲み物を一切受け付けなくなり、母体が衰弱するほどひどい場合は、病院で治療を受ける必要があります。

ツワリの対処法
・食べたいものを食べたいときに食べましょう。
・胃が空っぽになると吐き気が出る事が多いので、少しでも何でも良いので口にするようにしましょう。
・家にこもらずに外出しましょう。意外と外に出た方が気分が良くなる人が多いです。
・体を冷やさないようにしましょう。冷えは万病の素です。


妊娠初期は、まだ赤ちゃんも小さいので、あまり栄養の事は考えずに、お母さんが食べたいものを食べたいときに摂りましょう。
疲れたときは無理をせずに横になりましょう。ツワリは、まだ安定期に入る前にお母さんが無理をしないようにするために起こるとも言われています。




私の場合…
お腹が空っぽになると吐き気がするので、常に何かを持ち歩いていました。
が、なぜか急に「明太子おにぎりが食べたい!」などと、ピンポイントな欲求が湧いてきて、明太子おにぎりを探してコンビニをはしごしたりしました。
「気持ちが悪い~」と言いながら、マックのポテトをむさぼり食ったことも…(^^;
自分でもびっくりするくらい、妊娠前とは嗜好が変わり、お刺身は見るだけでダメでしたし、大好きなスイーツも、なぜか後味が苦く感じるようになり、ほとんど食べなかったです。
本当に、子どものようにわがままな食生活でしたが、一時だけですから、我慢せずに欲するままに食べさせてもらいました。
当時はフルタイムで仕事をしていたのですが、とても理解のある職場で、ちょこちょこ休憩も取らせてもらえて助かりました。






自律神経の乱れ


妊娠で急激にホルモンが分泌されることによる自律神経の乱れも、ツワリと関係しているようです。
ですから、自立神経を整えてあげることによって、ツワリの症状をある程度軽くすることが出来ると考えられます。

骨盤には、骨盤神経という大きな神経があり、自律神経と関係しています。
骨盤を整えることで、神経伝達が上手くいくようになり、自律神経も安定してきます。

また、ツワリがひどい時は、体が緊張します。
それがさらに自律神経を乱し、ツワリをひどくするという悪循環を起こすのです。

骨盤を整えて、筋肉の緊張をほぐすことで、ツワリが楽になる場合が多いです。


治療院

CONTACT

お問い合わせ

橋本本院

042-771-8118

品川分院

03-6277-4378

藤沢分院

0466-24-7220

小田急相模原分院

042-866-3370